香典返しにも

カタログギフトの利用用途として、最近増えてきたのが法要に使われる香典返しです。香典返しの基本は、いただいた香典の半額を返すということではありますが、実際には2種類用意しておきます。一般者用と高額者用の2種類になりますが、その想定よりも高額だった場合には、後日改めてお返しをするというのが普通になりました。

カタログギフトとしても、通常のコースのほかに、高額者用のものも用意してあるところが結婚式用のものとの違いです。香典の額を5,000円と想定して、一般者用に2,500円から3,000円程度のものも用意してありますし、高額者用のものは100,000円のものまであります。ここまで高額になると、カタログギフトでいいのだろうかとはなりますが、ラインナップにあることで、選ぶ側からすれば安心できることは間違いありません。

香典返しということで、あとまで形の残らないものを選ぶこともできます。食べ物などになりますが、カタログギフトに挨拶状もつけることができるようになっていますので、香典返しとして恥ずかしくないものにすることができるのです。こういったカタログギフトは、熨斗紙や包装紙も選択しやすいようになっています。豊富な商品だけではなく、細かな気遣いもあるからこそ、カタログギフトを選択する人が増えてきているのです。