記念品や景品として

カタログギフトという商品の性格を考えた場合、どの商品を選んだらいいのかわからない場面に向いているといえるでしょう。その場面とは、記念品や景品です。

記念品の場合、何らかの名前を入れたりしますが、そうなると汎用性は失われてしまいます。長く使ったりするのであれば、市販のものと同じ形がいいでしょう。ですが、記念として考えれば、何か入れて起きないものです。そこで、カタログギフトで贈るとともに、メッセージカードを入れておけば、相手に気遣いながら贈ることができる記念品となるでしょう。

景品も同じ性格を持っています。どんなものがいいのか、何を贈ればいいのか迷ってしまうのが景品ですが、カタログギフトにすることができれば、受け取った人が選択してくれます。それも好きなもので使えるものを選択してくれますので、無駄なものにならずに済むのです。

さらに、荷物にもならない利点があります。記念品にしても、景品にしても、大きなものは持って帰ることが難しくなるでしょう。小さなもので価値の高いものにすることもできますが、どうしても商品券に行きついてしまうのは面白い選択とは言えないのです。

贈る場面を考えた場合、好きなものを選んでもらうことに意義はあるのであればカタログギフトは効果の高い方法となってくれるのです。